今年の「ラジオ体操出席カード」を配布しました。保護者の方々の子どもの頃もそうだったと思うのですが、昔夏休みの朝は毎日ラジオ体操をしていました。近所の子どもたちと一緒に午前6時半の恒例の行事でした。毎朝ラジオ体操が終わるとカードに出席印をもらい、そして夏休みが終了してそのカードを学校の先生に提出するとよくがんばったねの言葉と共に(私の子どもの頃は)鉛筆を1本もらいました。ラジオ体操に集まった広かった神社の境内(けいだい)は、数年前に行ってみると何も変わらないのに昔よりずっと小さく感じました。そんな幼い日の思い出を「ラジオ体操出席カード」を見ながら思い出しました。歳月は流れ、この夏今の子どもたちはどんな思い出をつくるのでしょうか。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、ちゅうかスープ、ジャバマーボー、ぎゅうにゅう」でした。