桜と言えば春の花の代表です。2018年度の4月2日のホームページにも北門の桜の木を取り上げました。そして今、季節は夏です。強い日射しの中で濃い緑の葉をたくさん茂らせ、子どもたちのために涼しい木陰を提供してくれています。そんな桜の木を見ていると、それを植えてくれた人のやさしさを見る思いがします。きっといろんな思いを胸に、この桜を植えてくれたんだろうなと思います。それを受け継ぎ10年後、20年後のもっともっと大きくなった桜の木を見てみたい気がします。

 本日の給食のメニューは「いわしのかばやき、むぎごはん、みそしる、そくせきづけ、ぎゅうにゅう」でした。