今日の給食では、「すましそうめん」が出ました。七夕(たなばた)にそうめんを食べる習慣は、長いそうめんを天の川や織姫の織り糸にみたてるという説もありますが、暑さで食欲が減退するときに食べやすい「そうめん」を食べ、元気に過ごすという意味もあります。行事にかかわる食は「行事食(ぎょうじしょく)」と呼ばれ、旬(しゅん)の食べ物を食べ、自然への感謝や無病息災(むびょうそくさい)のような生活への祈りが込められています。(参考資料:農林水産省「和食」を未来へ)

 本日の給食のメニューは「ごもくずしのぐ、ごはん、すましそうめん、えだまめ、ぎゅうにゅう」でした。