着衣水泳着衣水泳

今年度も泳学習の締めくくりとして、5年生が着衣水泳を行いました。
普段はできない活動を、楽しみながらも緊張感をもって取り組む様子が見られました。

「水に入ったら思った以上に体が重くてびっくりした。」
「水泳が得意だから服を着たまま泳ぐのなんて簡単だと思っていたけど、実際に入ると思うように体が動かなくて少しパニックになってしまった。」
「力を抜いて浮くことがとても大切だと分かった。」

ふり返りの言葉からも、服を着たまま水に入ることの危険さを強く感じたことが伝わってきました。
また、今回の経験を日々の生活にいかしていきたい、という感想も多く聞かれました。

事故に遭わないということがまず第一ではありますが、自分の身を守るために大切なことを体感的に理解することができたようです。