9月26日(木)、消防署の方に来校いただき、消防についての出前授業が行われました。

 

煙体験では、視界の悪い中でも落ち着いて姿勢を低く保ち、煙を吸わないよう口を布で覆いながら進むことを教わりました。子どもたちは想像以上に視界が悪いことにとても驚いた様子でした。「ゴールまでが遠く感じた。」という子もいました。

 

 消火器訓練では、消火器の取り扱い方を教わり、実際に火災に見立てた的に水をかけ、消火訓練も行いました。火事を見たら身を守ることや、大きな声で大人に知らせることなどを教わり、子どもたちは真剣な表情で聞き入っていました。

 

消防車の見学と説明もいただきました。見たこともない道具が整然と収められている様子に、子どもたちは目を丸くし、消防署の方にたくさんの質問をしました。消防署の方は、一つひとつ丁寧に答えてくださいました。

 

子ども用消防服の試着もさせていただきました。重たくしっかりとした消防服に身を包み、笑顔で敬礼をする子。それを見て、消防署の方も微笑んでいました。

 

最後に、消防や防災についてのビデオを見て、お話を聞きました。誇りをもって日々働いていますというお話に、仕事をする人の熱意も感じることができました。学びの多い2時間でした。青葉消防署の皆様、本当にありがとうございました。