地域の皆様の力をお借りして

                                    副校長 平岡仁樹

 

5月16日()に3年生の子どもたちと一緒に、子どもの国へ遠足に行ってきました。天候に恵まれたこの日の遠足を通して、3年生の子どもたちは、約束や時間を守って、仲間と仲良く活動する様子があちこちで見られました。

 5月には、他の学年も遠足が行われました。1年生は、学区外にある藤が丘公園に出かけ、初めての遠足を楽しみました。2年生は、緑区にある四季の森公園に出かけました。電車に乗って出かける遠足は初めてでしたが、公共交通機関を利用する際のマナーや約束をしっかりと学びました。そして、6年生は、鎌倉見学に行ってきました。集合から解散まで、仲間と協力し、計画通りにグループ活動を行いました。

 本校で行われる教育活動は、教職員の力だけで実施できているわけではありません。初めての遠足に向けて、1年生に安全な歩き方を教えてくださる地域の方がいます。実際に子どもたちが町の中を歩いている際には、交通安全を見守ってくださる方がいます。鎌倉の街で学習している6年生の安全を確保するために、4名の地域学校協働活動推進員の方がボランティアで引率をしてくださいました。このように、本校の教育活動は、地域の皆様の力をお借りして成り立っています。心より感謝申し上げます。

 これからも、学校と地域・保護者の皆様が連携・協働し、一体となって子どもを育てる仕組みを組織的に進めることができるように、今年度より「学校運営協議会」を設置することとなりました。この協議会は、「学校と目標やビジョンを共有した応援団」と捉えていただければ幸いです。早速その第一回目の協議会を、先日29日()に校長室で行いました。「学校運営の基本方針」をご承認いただき、「今後の連携・協働活動」についてご意見をいただきました。また、年度末には、「学校関係者評価」をしていただき、来年度以降の学校運営に向けてご意見をいただく予定です。今後も地域・保護者のみなさんと連携・協働し、つつじが丘小の子どもたちの育成を進めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。