5年生 心のふれあいコンサート

 

 

 

5年生は「心のふれあいコンサート」に行ってきました。

 

みなとみらい大ホールに入ると、広いホールと、巨大なパイプオルガンに子どもたちの目は釘付けでした。座席は舞台真正面の1階席。神奈川フィルハーモニー管弦楽団の方々の表情や演奏している指先が見えるほど近く、演奏している様子をじっくりと見ることができました。

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭部分の演奏が始まると、映画やコマーシャルで使われている曲なので聴いたことがある子も多く、それまであまりなじみのないクラシックコンサートの雰囲気に戸惑っていた子どもたちも演奏に引き込まれていきました。そして生演奏の迫力と響きのよさに、子どもたちは圧倒されていました。アンコールの「ラデツキー行進曲」では、指揮者の指揮に合わせて手拍子をし、他の楽器と一緒に会場全体で、素晴らしい曲を奏でました。運動会練習の合間の忙しい中でしたが、5年生にとって感性を磨く充実した一日になりました。