外国語活動が始まりました!

 

 

 横浜市では、小中学校9年間を通じた英語教育を実施しています。小学校で取り組む英語教育は「外国語活動」と「国際理解教室」の2つで、今年度の外国語活動は4月16日(月)からはじまりました。今年度のAET(Assistant English Teacher:英語指導助手)は、イナ・ボルへ先生です。

16日(月)の朝会で、AETの紹介を行いました。イナ先生の出身国であるハワイでの経験や、フィリピンで留学されたことをお話してくださいました。「これからの授業が楽しみです!」と素敵な笑顔で話す姿が印象的でした。子どもたちも、みんなイナ先生の授業を楽しみにしています。

子どもたちには、「英語」という言語に関する知識を身につけるだけでなく、異なる文化や言語をもつ人々とのコミュニケーションの楽しさを感じてほしいと願っています。