令和3年7月15日(木)

ごはん・焼きのり 煮魚
即席漬 豚じる 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「夏休みの食事」

 暑さで食よくがなく、じゅうぶんな食事がとれない日が続くと、つかれやすくなり、元気に過ごすことができなくなってしまいます。
 暑い夏を元気に過ごすためには、栄養バランスのよい食事をとることが大切です。おもにエネルギーのもとになるごはんやパンなどの「主食」、おもに体をつくるもとになる魚・肉・卵などを使った「主菜」、おもに体の調子を整える
 野菜などを使った「副菜」を 夏休み中も組み合わせて食べましょう。

令和3年7月14日(水)

はいがごはん 夏野菜のカレー
ごま酢あえ プルーンはっこう乳

 今日は、写真はありません。申し訳ありません。

ぱくぱくだより「夏野菜」

 夏に旬をむかえる野菜のことを夏野菜といいます。
 夏野菜には水分が多く含まれているので、夏野菜を食べることで、汗をかいて失われた水分をおぎなうことができます。また、夏野菜に含まれるビタミンが、夏バテ予防に役立ちます。
 きょうは、夏野菜のカレーにトマト・かぼちゃ・なすを使い、ごま酢あえにきゅうりを使っています。
 夏野菜を食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう。

令和3年7月13日(火)

ぶどうパン きびなごフライ
ゆでとうもろこし クリームスープ 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「とうもろこし」

 とうもろこしは、夏が旬の野菜です。
 とうもろこしのひげの数は、粒の数と同じで、ひげが多いほど粒がつまっています。ひげの先が茶色くなると、おいしく食べられるといわれています。
 とうもろこしには、体の調子を整えるビタミンや食物せんいが含まれています。

令和3年7月12日(月)

麦ごはん タッカルビ
わかめスープ 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「コチジャン」

 コチジャンは、韓国・朝鮮でよく使われる調味料の一つです。

 とうがらしの赤い色とあまからい味が特ちょうで、日本では「とうがらしみそ」とも呼ばれています。
 きょうは、とり肉と野菜とじゃがいもをいためて、コチジャンで味つけをした「タッカルビ」です。暑い時期にごはんが食べやすい味つけにしました。

令和3年7月9日(金)

丸パン カレービーンズシチュー
ひじきサラダ 牛乳 フローズンヨーグルト

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「香辛料」

 カレー粉はクミン・ターメリックなどたくさんの香辛料を混ぜ合わせて作られています。それぞれの香辛料が香りや色、辛さをつけます。
 料理の味をおいしくするだけではなく、食よくを増すはたらきもあります。
 給食では、カレー粉のほかにも、こしょう・チリパウダー・
からし・七味唐辛子などの香辛料を使っています。

令和3年7月8日(木)

ごはん 鶏ごぼうごはんの具
すましそうめん えだまめ 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「七夕とそうめん」

 日本は昔から、七夕の日にそうめんを食べる習慣があります。
 ゆでたそうめんが、織姫がはた織りに使う糸と似ていることや天の川のように見えることから、食べられるようになったといわれています。
 また、七夕にそうめんを食べると、病気をしないという言い伝えもあります。
 きょうは、すましじるにそうめんを入れて、すましそうめんにしました。

令和3年7月7日(水)

ごはん 肉じゃが きゅうりの梅肉あえ
だいずとじゃこの炒りに 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「豚肉」

 豚肉には、体をつくるもとになるたんぱく質が多く含まれています。また、食べ物がエネルギーに変わるのを助ける働きをするビタミンB1  という栄養素も含まれています。
 豚肉は、夏の暑さでつかれた体を元気にしてくれる食べ物です。
 きょうは、肉じゃがに豚肉を使っています。
 豚肉を食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう。

令和3年7月6日(火)

麦ごはん ツナそぼろ
ゴーヤチャンプルー みそしる 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「にがうり」

 にがうりは、おもに沖縄県や宮崎県、鹿児島などで多く作られている夏が旬の野菜です。
 にがうりには、体のつかれをとるビタミンCが多く含まれています。また、にがうりのにが味には、食よくを増すはたらきがあり、夏バテ予防に役立ちます。

 きょうは、にがうりを使って、沖縄県の郷土料理であるゴーヤチャンプルーを作りました。ゴーヤは「にがうり」、チャンプルーは「炒めもの」という意味があります。

令和3年7月5日(月)

ごはん 白身魚のチリソース
とうがんのスープ 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「とうがん」

 とうがんは、漢字で「冬の瓜」と書きますが、夏が旬の野菜です。とうがんは、実のほとんどが水分です。そのため、暑い夏の水分補給にぴったりの食べ物です。
 とうがんは、だしやほかの食べ物とにたり、スープにしたりすることでおいしくなります。
 きょうは、とうがんのスープにしました。
 とうがんを食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう。

令和3年7月2日(金)

はいがパン チリコンカーン
キャベツサラダ 牛乳 すいか

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「すいか」

 すいかには水分がたくさん含まれているので、暑い時期や汗をたくさんかいたときに食べるとよい食品です。
 また、すいかにはエネルギーになる糖分や体の調子を整えるビタミン類も含まれています。体の中の水分量を調節するカリウムなどの無機質も多いので、熱中症予防にも役立ちます。

令和3年7月1日(木)

チーズパン 夏野菜のスパゲティ
コーンサラダ 牛乳 冷凍パインアップル

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「ズッキーニ」

 ズッキーニは、色や形がきゅうりに似ていますが、実は、かぼちゃの仲間です。
 40年くらい前にアメリカから日本に伝わった野菜で、日本では、長野県・宮崎県などで多く作られています。炒め物や揚げ物などの、油を使った料理によく合います。
 きょうは、ズッキーニをオリーブ油で炒めて、夏野菜のスパゲティに使いました。