令和3年10月22日(金)

麦ごはん はたはたのからあげ
ひじきごはんの具 けんちん汁 牛乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「ひじき」

 ひじきは、日本各地でとれますが、神奈川県では横須賀市や三浦市が有名です。
 ひじきには2種類あり、くきの部分を「長ひじき」先たんの芽や、やわらかい小枝を「芽ひじき」といい給食では「芽ひじき」を使用しています。
 じょうぶな骨や歯をつくるカルシウムやおなかのなかをきれいにする食物せんいが多くふくまれています。

令和3年10月21日(木)

ごはん ハンバーグ和風ソース
きんぴら みそ汁 牛乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「みその種類」

 みそは、だいずにこうじと塩を加えて作ります。
 こうじは、大豆からみそを作るときにかかせないもので、米こうじ、麦こうじ、大豆こうじがあります。それぞれのこうじで作ったみそは、米みそ、麦みそ、豆みそといいます。
 給食のみそは、だいずに米こうじを加えて作られた米みそです。料理によって色がうすめのみそ、濃いめのみそ、味が甘めのみそを使い分けています。

令和3年10月20日(水)

胚芽食パン チリコンカーン

わかめサラダ 牛乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「わかめ」

 きょうのサラダに使われているわかめは、おもに体をつくるもとになる赤の食べ物のなかまです。
 骨や歯をつくるもとになるカルシウムを多くふくみます。また、おなかのなかをきれいにする食物せんいも多くふくんでいます。
 わかめのぬめりは、食物せんいのひとつで、余分な脂質が吸収されるのをおさえるはたらきがあります。

令和3年10月19日(火)

ごはん かつおのあんかけ
即席漬 さつまじる 牛乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「かつお」

 かつおは、春と秋の2回旬があります。春にとれるかつおが、さっぱりとした味わいなのに対して、秋にとれるかつおは、身がしまって脂がのっているのが特ちょうです。
 かつおは、じょうぶな体をつくる赤の食べ物です。かつおには、きん肉をつくるもとになるたんぱく質や血をつくるもとになる鉄がふくまれています。
 きょうは、かつおと凍り豆腐を油で揚げてあんかけにしました。

令和3年10月18日(月)

麦ごはん 豆じゃが
おひたし 牛乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「ちりめんじゃこ」

 ちりめんじゃこは、しらすを塩ゆでにしてから日に当ててほして作ります。
 赤の食べ物のなかまで、おもに体をつくるはたらきがあります。ちりめんじゃこのように骨ごと食べられる魚には骨や歯をじょうぶにする「カルシウム」がたくさんふくまれています。

令和3年10月15日(金)

はいがごはん 親子丼の具
みそしる 牛乳 りんご

 

〈写真担当:ちゃん〉

ぱくぱくだより「卵」

 卵は、おもに体をつくるもとになる赤の食べ物のなかまです。卵には、筋肉や皮ふなどをつくるもとになるたんぱく質や、血をつくるもとになる鉄などが多くふくまれています。
 きょうは、親子丼の具にたくさん卵を使いました。

令和3年10月14日(木)

麦ごはん に魚
ぶどう豆 豚じる 牛乳

 

〈写真担当:ちゃん〉

ぱくぱくだより「だいず」

 だいずは、おもに体をつくる赤の食べ物のなかまです。
 筋肉や皮ふのもとになるたんぱく質が肉と同じくらいふくまれているので、「畑の肉」と言われています。
 ほかにも、ビタミンやカルシウム、鉄なども多くふくまれているので、すすんで食べてほしい食品です。
 きょうは、だいずに味がしみこむようにじっくりにてぶどう豆を作りました。

令和3年10月13日(水)

ごはん 春巻
タンタンスープ 牛乳

 

〈写真担当:ちゃん〉

ぱくぱくだより「春巻」

 春巻は、中国料理の点心の一つです。
 春にとれる野菜を具として作ったことから、「春巻」と名づけられました。春がくることをよろこび、幸せを願う気持ちがこめられています。
 日本では、いためた肉と春雨、野菜などを、小麦粉で作ったうすい皮で包んだものを、油であげて作ります。

令和3年10月12日(火)

ごはん 秋味ごはんの具

さつまいもと栗の甘煮 すまし汁 牛乳

 

〈写真担当:ちゃん〉

ぱくぱくだより「十三夜(栗)」

 十五夜から約一か月後を十三夜と言い、今年は10月18日が十三夜です。十三夜では、この時期にとれた栗をお供えするので、「栗名月」とも呼ばれています。

 日本では、昔から栗を食べていて、栗ご飯、くりきんとん、栗の甘煮などにしていました。

 今日は、栗名月にちなんで、秋の味覚のさつまいもと栗で甘煮を作りました。

令和3年10月11日(月)

ぶどうパン 米粉トマトシチュー

 野菜ソテー 牛乳

 

〈写真担当:ちゃん〉

ぱくぱくだより「牛乳」

 牛乳は、主に体をつくるもとになる赤の食べ物のなかまです。

 牛乳に含まれているカルシウムには、骨や歯を丈夫にするはたらきがあります。

 また、牛乳には、筋肉や皮膚をつくるもとになるたんぱく質も含まれているので、成長期のみなさんに飲んでほしい飲み物です。

令和3年10月8日(金)

麦ごはん豚肉と大根の煮物

ごまじょうゆ和え 納豆 牛乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「納豆」

 大豆は、いろいろな食品に加工されて食べられます。その中でも納豆は、大豆を納豆菌で発行させた食品で、日本では昔から食べられています。

 納豆には、たんぱく質やビタミン、食物繊維が多く含まれています。

 給食室で作った手作りのたれをかけて、よく混ぜて食べましょう。

令和3年10月7日(木)

麦ごはん 中華丼の具

中華和え 牛乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「えび」

 えびは、肉や魚と同じように、たんぱく質が多く、体をつくるもとになる赤の食べ物のなかまです。

 えびにふくまれる、たんぱく質とビタミンには、体のつかれをとり、病気から体を守るはたらきがあります。

 今日は、中華丼の具にえびを使いました。

令和3年10月6日(水)

丸パン さつまいもコロッケ

卵スープ 牛乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「さつまいも」

 秋は、実りの秋といも言われ、多くの旬の食べ物が収穫されます。さつまいもも、秋が旬の食べ物です。

 さつまいもには、お腹の中をきれいにするはたらきのある食物繊維が多く含まれています。お腹の中がきれいになると、体の調子がよくなります。

 今日は、さつまいもコロッケです。秋の味覚を味わってください。

令和3年10月5日(火)

胚芽ごはん ビーフカレー

ごま酢和え プルーン発酵乳

 

〈写真担当:れなぴ〉

ぱくぱくだより「牛肉」

 牛肉は、主に体をつくるもとになる赤の食べ物のなかまです。

 牛肉には、筋肉や皮膚をつくるもとになるたんぱく質や血をつくるもとになる鉄が多く含まれています。

 たんぱく質や鉄は、成長期のみなさんの体をつくるために必要な栄養素です。

 今日は、牛肉を使ってビーフカレーを作りました。

令和3年10月4日(月)

ごはん のりのつくだ煮

ふくめ煮 おひたし 牛乳

 

ぱくぱくだより「さといも」

 さといもは、秋が旬の食べ物です。黄色の食べ物のなかまで、主に熱や力のもとになります。また、食物繊維も含まれているので、お腹の中を綺麗にしてくれます。

 今日は、ふくめ煮でいろいろな食べ物と一緒に含めています。

令和3年10月1日(金)

あげパン 野菜のスープ煮

牛乳

 

ぱくぱくだより「あげパンの作り方」

 給食のあげパンは、学校の給食室でコッペパンを油であげて作っています。

 高い温度の油であげることで、外側はカリッと中はふわっとしたあげパンになります。パンが熱いうちに上白糖とグラニュー糖の二種類の砂糖を混ぜたものをまぶします。さらに、今日はきな粉もまぶしています。

 給食ならではのあげパンを味わって食べましょう。