令和3年9月30日(木)

胚芽パン チリコンカーン

ひじきサラダ 牛乳

 

ぱくぱくだより「香辛料」

 香辛料には、こしょう、からし、オールスパイス、クミン、バジル、パプリカパウダーなど、いろいろな種類があります。

 香辛料には、料理に香りや辛み、色を足して、料理をおいしくしたり、食欲を増したりする効果があります。

 今日は、チリコンカーンに「チリパウダー」、ひじきサラダに「こしょう」「からし」」を使っています。

令和3年9月29日(水)

ごはん 回鍋肉 卵とトマトのスープ

牛乳 グレープゼリー

 

ぱくぱくだより「回鍋肉」

 回鍋肉は、中国の四川料理の一つです。

 「回鍋」は、鍋にもどしてもう一度調理するという意味があります。

 給食では、しょうが、にんにく、トウバンジャンを弱火で炒めて香りと辛みを出してから、豚肉とたっぷりの野菜を入れて、味付けをします。

 トウバンジャンの辛みが効いていて、暑い時期でも食べやすい料理です。

令和3年9月28日(火)

丸パン 魚フライ ラタトゥイユ

クリームスープ 牛乳

 

ぱくぱくだより「パン」

 ぱんは、おもに熱や力のもとになる黄の食べ物です。

 給食のパンの大きさが学年によってちがうことは知っていますか?

 それは、毎日元気に過ごすために必要なエネルギー量が体の大きさや運動量によってちがうからです。

 1年生から4年生のみなさんは、先生のパンと大きさを比べてみましょう。

令和3年9月27日(月)

ごはん 煮魚 塩こんぶいため

凍り豆腐のみそ汁 牛乳

 今日は写真はありません。申し訳ありません。

ぱくぱくだより「日本型食生活」

 昭和50年代の多くの家庭では、ごはんを中心に、魚、肉、卵、大豆、野菜、海そう、牛乳・乳製品、果物などを組み合わせて食べていました。このような日本の食習慣を「日本型食生活」と呼びます。

 栄養バランスがよく、食物繊維が多い「日本型食生活は、日本人の平均寿命が長い理由とされています。

令和3年9月24日(金)

ぶどうパン メヒカリフライ

じゃがいものソテー 野菜スープ 牛乳

 

ぱくぱくだより「ぶどうの加工品」

 ぶどうは、世界で一番多く栽培されている果物で、8000円以上前から栽培されています。

 栽培されているぶどうの多くは、ワインに加工されますが、そのまあ食べたり、ジュースや酢などに加工されたりもします。

 今日のパンは、干したぶどうを入れて焼いたぶどうパンです。

令和3年9月22日(水)

胚芽ごはん ビビンバ(肉)

ビビンバ(ひじきのナムル) わかめスープ 牛乳

 

ぱくぱくだより「コチジャン」

 韓国・朝鮮には、「ジャン」と呼ばれる様々な調味料があります。

 「点じゃん」はみそ、「カンジャン」はしょうゆのことで、韓国・朝鮮料理には欠かせないものです。

 今日のビビンバに使われている「コチジャン」もジャンの一つです。唐辛子みそとも言われ、辛さの中に甘味が感じられる調味料です。

令和3年9月21日(火)

ごはん かつおのごまみそ和え

きゅうりの梅肉和え すまし汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「戻りがつお」

 かつおは、春と秋の2回旬があります。

 秋になると、日本の近くから暖かい海を求めて、南へ向かって泳ぎます。その時期にとれるかつおを「戻りがつお」と言います。

 「戻りがつお」は、身がしまり、脂がのっているのが特徴です。今日は、かつおを油であげて、ごまみそをからめました。

令和3年9月17日(金)

食パン ツナサンドの具

野菜のスープ煮 牛乳

 

ぱくぱくだより「まぐろの加工食品(ツナ)」

 まぐろは、主に体をつくるもとになる赤の食べ物です。

 まぐろは、生のままでは長く保存することができないので、かんづめやレトルト食品などの加工食品にして、保存できるようにします。

 まぐろのことを、英語で「ツナ(Tuna)」と言います。

 今日は、「ツナサンドの具」と書いてありますが、パンと具は別々に食べてください。

令和3年9月16日(木)

胚芽ごはん 豚肉と野菜のしょうが炒め

みそ汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「胚芽ごはん」

 しょうがは、土の中に育った茎の部分を食べる野菜です。しょうがには、特有の香りと辛みがあり、香辛料として使われます。肉や魚の臭みを消したり、血液の流れをよくしたりします。また、食欲を増す成分も含まれています。

 今日は、豚肉と野菜をたっぷりのしょうがで炒めました。

令和3年9月15日(水)

麦ごはん 肉そぼろ 磯香和え

月見汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「月見汁」

 9月21日は十五夜です。

 この日は、縁側や窓辺の月が見えるところに、だんごやその年に収穫した里芋や栗、すすきなどを飾り、作物の実りに感謝します。

 今日の給食は「十五夜」にちなんで、白玉だんごを入れた「月見汁」にしました。

令和3年9月14日(火)

チーズパン スパゲティトマトソース

野菜サラダ 牛乳 ミックスフルーツ

 

ぱくぱくだより「パスタ」

 パスタは、主に熱や力のもとになる黄の食べ物で、小麦粉から作られています。パスタには、いろいろな種類があり、形や太さによって名前が変わります。

 給食では、スパゲティの他につつのような形をした「マカロニ」やペンの先のような「ペンネ」などを使っています。

 今日は、スパゲティをトマトソースで和えました。

令和3年9月13日(月)

胚芽ごはん ポークカレー

ごま酢和え プルーン発酵乳

 

ぱくぱくだより「胚芽ごはん」

 ごはんは、主に熱や力のもとになる黄の食べ物です。ごはんを食べると体が温まります。また、元気に運動をすることができるようになり、さらに勉強にも集中できるようになります。

 今日の「胚芽ごはん」は、米の胚芽部分を残した胚芽米を炊いたものです。エネルギーに変わるのを助けるビタミンや食物繊維がごはんより多く含まれているのが特徴です。

令和3年9月10日(金)

ごはん きびなごフライ

栄養満点丼の具 呉汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「ごま」

 ごまは、昔から健康によい食品として食べられてきました。たおえばあ、古代エジプトの医学書には、ごまを薬として使っていたことが書かれています。

 ごまは、主に熱や入れて火で炒ると、香ばしい香りがでてきます。給食では、ごま和えやごま豆和えなどに使っています。

 今日は、栄養満点丼の具にごまを使いました。

令和3年9月9日(木)

ナン カレービーンズシチュー

コーンサラダ 牛乳 黄桃コンポート

 

ぱくぱくだより「ナン」

 ナンは小麦粉に塩と水を加え、発こうさせて焼いたパンの仲間です。インドなどでよく食べられていて、短ドールというつぼの形をしたかまの内側にはりつけて焼いて作るのが特徴です。

 ナンは、一口で食べられる大きさにちぎり、カレービーンズシチューにつけて食べましょう。

令和3年9月8日(水)

麦ごはん 豆じゃが からしじょうゆ和え

ふりかけ 牛乳

 

ぱくぱくだより「じゃがいも」

 みなさんは、じゃがいもは植物のどの部分を食べているのか知っていますか。じゃがいもは、土の中で育つので根だと思われがちですが、実は茎の部分を食べています。茎の部分がふくらみ、そこに栄養がたくわえられます。

 じゃがいもには、炭水化物のひとつであるでんぷんが多く含まれているので、主に熱や力のもとになるはたらきがあります。

 今日は、豆じゃがにじゃがいもを使いました。

令和3年9月7日(火)

黒パン 米粉シチュー キャベツサラダ

牛乳 なし

 

ぱくぱくだより「なし」

 なしは8月の下旬から9月ごろの旬の果物です。たっぷりの果汁とさやわかな甘味が特徴です。

 全国で作られていますが、茨城県、千葉県、栃木県、福島県で特に多く作られています。横浜でも作られていて、『浜なし』と呼ばれています。

令和3年9月6日(月)

ごはん いわしのかば焼き

即席漬 みそ汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「油」

 油は、おもに熱や力のもとになる黄の食べ物です。

 油は、少ない量でたくさんのエネルギーになるのが特徴です。

 給食では、米から作った米油、ごまから作ったごま油、オリーブから作ったオリーブ油を使っています。その他にもバターやマーガリンを使っています。

 今日は、米油を使って、いわしを揚げました。

令和3年9月3日(金)

胚芽ごはん 豚角煮丼の具

ぶどう豆 みそ汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「オクラ」

 オクラは、6月~9月頃までが旬の野菜です。春先に種をまくと、黄色い花が咲き、実がなります。料理に使うのは、その実の部分です。オクラの特徴であるねばねばのもとには、胃腸の調子を整えるはたらきがあり、夏バテ予防に役立ちます。

 今日は、オクラをみそ汁に使いました。

令和3年9月2日(木)

ごはん にんじんごはんの具

凍り豆腐のそぼろ煮 すまし汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「砂糖」

 砂糖は、主に熱や力のもとになる黄の食べ物で、さとうきびやさとうだいこんから作ります。砂糖は、ジュースやお菓子以外に、料理に甘みをつける時にも使われます。

 今日は、にんじんごはんの具と凍り豆腐のそぼろ煮に使っています。