令和3年6月30日(水)

ごはん かつおのごまみそあえ
即席漬 すましじる 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「だし」
 だしは、しるものなどの「うまみ」のもとのことで、昆布や削り節・しいたけ・にぼしなどでとることができます。
 だしを使うことで料理のおいしさが増すので、和食には欠かせないものです。
 きょうのすましじるは、削り節でとっただしで作りました。だしのうまみを味わいましょう。

令和3年6月29日(火)

はいがごはん 中華丼の具
中華あえ 牛乳 グレープゼリー

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「身じたくの大切さ」
 給食当番になったら、身じたくを整えたあと、次のことを確認しましょう。
①白衣のボタンは全部とめていますか。
②かみの毛はぼうしから出ていませんか。
③手はせっけんで洗い、せいけつなハンカチでふきましたか。
 身じたくをしっかり整え、衛生に気をつけて給食の準備をすることが大切です。

令和3年6月28日(月)

麦ごはん いわしのかば焼き
ごまじょうゆあえ 呉汁 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「いわし」
 いわしは6月から夏にかけて、旬をむかえる魚です。旬の時期のいわしは、脂がのっていておいしいです。
 いわしには、血液をサラサラにする成分や、骨を強くするカルシウム・ビタミンDが多くふくまれています。
 きょうはいわしを油で揚げて、甘辛いたれをからめました。

令和3年6月25日(金)

麦ごはん 豚肉のごままぶし
とうがんのすまし汁 焼きのり 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「とうがん」
 とうがんは、きゅうりやかぼちゃと同じ「うり」のなかまで夏が旬の野菜です。
 とうがんの旬は夏ですが、そのまま冬まで保存することができます。そのため、「冬の瓜」と書いて「冬瓜」と名づけられました。
 とうがんは水分が多くふくまれているため、たくさん汗をかく夏に食べてほしい野菜です。

令和3年6月24日(木)

ごはん チキンライスの具
クリームスープ 牛乳 メロン

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「メロンの産地」
 メロンの主な産地は、茨城県・熊本県・北海道です。
 この三つの地域で、日本国内に出回るメロンの量の半分以上を生産しています。いろいろな地方で作っているので、5月から7月までの長い間、おいしいメロンが出回ります。

令和3年6月23日(水)

麦ごはん ビビンバ(肉)
ビビンバ(ひじきのナムル) はるさめスープ 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「ビビンバ」
 ビビンバは日本のとなりの国、韓国・朝鮮の料理です。
 日本ではビビンバといわれていますが、韓国・朝鮮では「ピビンパプ」のように発音されます。「ピビン」は混ぜる、「パプ」はごはんという意味があります。
 はしでおかずをつまみ、スプーンで肉と野菜がごはんとなじむくらいに混ぜて食べます。

令和3年6月22日(火)

はいがパン コロッケ ボイルドキャベツ
卵とトマトのスープ 牛乳

 今日は写真はありません。申し訳ありません。

ぱくぱくだより「トマト」
 トマトは夏野菜の一つです。
 トマトには、かぜを予防するビタミン、おなかの中をきれいにする食物せんいなどが多くふくまれています。また、トマトにはうま味が多いため、料理がよりおいしくなります。
 きょうはトマトの味を生かした「卵とトマトのスープ」にしました。

令和3年6月21日(月)

はいがごはん ポークカレー
ごま酢あえ プルーンはっこう乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「かむことの大切さ」
 6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。
 歯と口の健康を守るためには、かみごたえのある食べ物をよくかんで食べることがとても大切です。よくかむことでだ液が出て、むし歯を予防したり、消化を助けたりします。また、脳の働きも活発になります。
 きょうのごま酢あえに使われている、割干しだいこんはかみごたえのある食べ物です。よくかんで食べましょう。

令和3年6月18日(金)

麦ごはん 鶏ごぼうごはんの具
ぶどう豆 みそ汁 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「さやいんげん」
 さやいんげんは、6月から9月ごろまでが旬の野菜で、体の調子を整える「ビタミン」をとることができます。
 さやの緑色が美しいので、色どりとしてサラダやスープに入れたり、天ぷらやごまあえ、ソテーにしたりと多くの料理に使われます。
 きょうは、「鶏ごぼうごはんの具」に使いました。

令和3年6月17日(木)

ぶどうパン スパゲティミートソース
ひじきサラダ 牛乳・チーズ

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「ひじき」
 ひじきは、わかめやのり、こんぶなどと同じ海そうのなかまです。海に囲まれた日本では、昔から海そうが食べられてきました。
 ひじきには、丈夫な歯や骨をつくるもとになるカルシウムや血液をつくるもとになる鉄が多くふくまれます。
 給食では、ひじきサラダの他に、「ひじきごはんの具」

や「だいずの磯に」などに使っています。

令和3年6月16日(水)

ごはん 肉じゃが きゅうりの梅肉あえ
だいずとじゃこの炒り煮 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「梅干し」
 梅干しは、日本で昔から食べられている伝統的な食品です。すっぱさのもとである「クエン酸」には、疲れをとり、食欲を増す働きがあります。
 また、塩分が含まれるので、熱中症の予防にもなります。
 きょうは、きゅうりを梅干し・みりん・しょうゆであえ、「きゅうりの梅肉あえ」にしました。

令和3年6月15日(火)

ソフトフランスパン 魚フライ
ラタトゥイユ コーンスープ 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「ラタトゥイユ」
 ラタトゥイユは、フランスの家庭料理です。
 トマトやなす、ズッキーニなどの夏野菜をオリーブ油で炒め、野菜から出た水分でよくに込んで作ります。
 肉料理や魚料理のつけあわせにしたり、パンにのせて食べたりします。
 きょうは、魚フライのつけあわせにしました。

令和3年6月14日(月)

はいがごはん ツナそぼろ
じゃいもの炒め物 豚汁 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「みそ」
 みそは、昔から日本で使われている調味料で、ゆでただいずに「こうじ」や塩を入れて作ります。
 使われる「こうじ」の種類で「米みそ」「豆みそ」「麦みそ」に分けられます。また、みその色や味によりたくさんの種類があります。
 いくつかのみそを合わせて使うことで、おいしさが増します。給食では、2種類のみそを合わせて使っています。

令和3年6月11日(金)

はいが食パン チリコンカーン
アスパラガスのソテー 牛乳 冷凍あんず

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「アスパラガス」
 アスパラガスは、5月から6月が旬の野菜です。北海道や長野県などで多く作られています。
 体の調子を整える緑の食べ物のなかまで、アスパラギン酸という栄養素が多くふくまれています。アスパラギン酸には、体のつかれをとる働きがあります。
 きょうは、アスパラガスをソテーにしました。

令和3年6月10日(木)

ごはん きびなごフライ
ひじきごはんの具 みそ汁 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「まごは(わ)やさしい」
 和食に多く使われている食べ物の頭文字で作ったことばに、「ま・ご・は(わ)・や・さ・し・い」があります。
 「ま」は豆、「ご」はごま、「は(わ)」はわかめなどの海藻類、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はしいたけなどのきのこ類、「い」はいも類です。
 和食には、鉄分やカルシウム、食物せんいなど、不足しがちな栄養素を含む食べ物が多く使われています。

令和3年6月9日(水)

黒パン マカロニのクリーム煮
キャベツサラダ 牛乳 メロン

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「小麦」
 小麦は、世界中でもっとも多く栽培されている穀物です。小麦は、小麦の粒をひいて小麦粉にし、いろいろな食べ物に加工して食べています。
 きょうの給食のパンとマカロニは、小麦からできた食べ物です。

令和3年6月8日(火)

ごはん ジャガマーボー
中華スープ 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「トウバンジャン」
 きょうのジャガマーボーには、「トウバンジャン」を使っています。トウバンジャンは、そら豆に、塩・こうじ・唐辛子などを加えて作る中国の調味料で、から味があります。
 トウバンジャンを使った代表的な料理には、麻婆豆腐や回鍋肉があります。
 ジャガマーボーは、トウバンジャンの辛味がきいた暑い時期においしい料理です。

令和3年6月7日(月)

麦ごはん ちくわの磯辺揚げ
沢に椀 納豆 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「沢に椀」
 沢に椀の「沢」は、昔の言葉で「沢山」という意味があります。たくさんの種類の食品を細く切り、だしじるで煮たものを「沢に椀」といいます。
 きょうは、豚肉とごぼう・みずな・にんじん・えのきたけを使いました。 いろいろな材料のうま味が感じられるしるものです。

令和3年6月4日(金)

ごはん さばのみそ煮 磯香和え

塩ちゃんこじる 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「ちゃんこ」

 ちゃんことは、相撲の力士の食事のことです。中でもちゃんこ鍋は、栄養バラスがよく、肉や野菜を手軽にたくさんとることができるため、よく食べられています。

 味付けや作り方は、相撲部屋ごとに違いがあります。

 今日は、鶏肉を使った、塩味のちゃんこじるにしました。

令和3年6月3日(木)

ロールパン 変わり五目豆

茎わかめスープ 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「正しい手洗い」

 みなさんは、正しい手の洗い方ができていますか。

 水で手をぬらし、石けんをよくあわ立てたら、手のひら、手の甲、指の間、指の先、つめ、手首までよくこすって洗います。手洗いの後は、清潔なタオルやハンカチでふきます。

 手を洗った後は、食べ終わるまで汚れたところを触らないようにしましょう。

令和3年6月1日(火

ごはん チンジャオロース

スーラータン 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「チンジャオロース」

 チンジャオロースは、横浜と関わりの深い中国の料理です。

 中国語で「チンジャオ」は主にピーマンなどの緑色の野菜、「ロー」は肉、「スー」は細く切ることを表しています。

 今日は、細切りの豚肉とじゃがいも、たまねぎ、ピーマン、赤ピーマンを使っています。