令和3年5月31日(月

はいがごはん ベイスターズ青星寮カレー
ごま酢あえ プルーンはっこう乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「ベイスターズ青星寮カレー」

 きょうは、横浜DeNAベイスターズの若い選手がくらす青星寮という寮で、食べられているカレーを給食用にアレンジして作りました。
 このカレーの特ちょうは、たまねぎをあめ色になるまで1時間ほどいためてあまみをだし、赤ワインを入れて作るところです。
 今日のカレーを食べて、ベイスターズの選手のようにじょうぶな体をつくりましょう。

令和3年5月28日(金

あげパン 野菜のスープ煮
メロン 牛乳・チーズ

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「メロン」

 メロンには、果肉の色が緑色やオレンジ色、白い色のものがあります。
 メロンは、よい香りとあまみが特徴で「くだものの王様」といわれています。
 給食では、「アムス」や「アンデス」など果肉が緑色のメロンや、「クインシー」など果肉がオレンジ色のメロンが出ます。メロンの香りやあまみを楽しみながら食べてください。

令和3年5月27日(木

はいがごはん きびなごフライ
ひじきごはんの具 けんちん汁 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「きびなご」

 きびなごは、いわしの仲間で四国や九州地方のあたたかい海でとれます。
 頭からしっぽまで、骨ごと食べることができるため「カルシウム」をたくさんとることができます。
 カルシウムは、じょうぶな骨や歯をつくるもとになります。
 よくかんで食べましょう。

令和3年5月26日(水

麦ごはん 回鍋肉
中華スープ 牛乳 アイスクリーム

 

※写真にはアイスクリームがありません。

〈写真担当:情報担当〉

ぱくぱくだより「横浜にゆかりのある料理」

 6月2日は開港記念日です。約160年前に横浜港が開港してから、横浜と中国は多くの関わりをもってきました。そのため、中国料理はとても身近な料理になりました。また、中区の馬車道通りでは、日本で最初のアイスクリームが売り出されました。
 きょうは、横浜にゆかりのある料理として回鍋肉とデザートにアイスクリームをつけました。

令和3年5月25日(火

ロールパン 塩焼きそば
中華あえ 黄桃コンポート 牛乳

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「給食の焼きそば」

 給食の焼きそばは、中華めんを油であげてから作ります。めんをパリパリにあげることで、肉のうまみやいためた野菜から出る水分がしみこんでおいしく、かおりもよい焼きそばができあがります。
 きょうは、新せんな材料の味をいかすために、塩で味をつけています。

令和3年5月24日(月

麦ごはん 手巻きのり ツナそぼろ
ぶどう豆 みそ汁 牛乳

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「ぶどう豆」

 給食には、豆や豆製品を使ったこん立が多くあります。
 きょうのぶどう豆は、さとう、しょうゆなどでだいずをあまくにた料理です。その色や形が、ぶどうのつぶににていることから「ぶどう豆」といわれるようになりました。
 給食室の大きな釜でじっくりと味をにふくめました。はしを正しく使って、じょうずに食べましょう。

令和3年5月21日(金

麦ごはん 生揚げと豚肉のみそ炒め
茎わかめスープ 牛乳

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「海そう」

 海に囲まれた日本では、昔からいろいろな海そうを食べてきました。海そうは、塩づけや乾燥させることにより、長く保存することができるので、一年中食べることができます。
 給食では、わかめ・こんぶ・ひじき・のり・寒天などの海そうが使われています。
 きょうのスープは、わかめの茎の部分を使った茎わかめのスープです。

令和3年5月20日(木

ナン カレービーンズシチュー
アスパラガスのソテー ミックスフルーツ 牛乳

 今日は写真はありません。申し訳ありません。

ぱくぱくだより「アスパラガス」

 アスパラガスは、初夏に旬をむかえる野菜です。
 ヨーロッパから伝わった野菜で、北海道や長野県などが、主な産地です。
 グリーンアスパラガスは、芽が出るとそのまま日光にあてて育てるので、緑色をしています。芽が出るころに土をかけて日光にあてないで育てると、白い色のホワイトアスパラガスになります。

令和3年5月19日(水

ごはん さばのみそ煮
きんぴら かきたま汁 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「はしの正しい持ち方」

 みなさんは、はしを正しく持つことができますか。
 日本人は、昔からはしを使って食事をしています。はしは、食べ物をつまむ・切る・はさむなどの使い方ができます。正しく持てると姿勢がよくなり、食事の仕方も美しく見えます。
 毎日の食事で正しいはしの持ち方を身につけましょう。

令和3年5月18日(火

黒パン ミートボールトマトソース
レヴィシアスーパ 牛乳・ヨーグルト

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「ギリシャ料理」

 7月より、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。きょうのレヴィシアスーパは、オリンピックがはじまった国である、ギリシャで食べられている料理です。

 ギリシャ語でレヴィシアは「ひよこ豆」、スーパは「スープ」という意味です。ひよこ豆は、形がひよこの頭ににていることからこのような名前になりました。

令和3年5月17日(月

ごはん 焼きのり あじのあんかけ
じゃがいもの炒め物 呉汁 牛乳

 

〈写真担当:ピーマン〉

ぱくぱくだより「食器の正しい置き方」

 ごはんと汁物、おかずを組み合わせた和食は、日本の伝統的な食事で、食器の置き方も決まっています。
 和食はごはんを左に、汁物を右に置くのが基本です。正しく食器が置かれているか確認してみましょう。また、茶わんやおわんを手に持って食べましょう。

令和3年5月14日(金

はいがごはん 親子丼の具
みそ汁 あまなつみかん 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「たまご」

 たまごには、みなさんの体が成長するために必要な「たんぱく質」や、血をつくるもとになる「鉄」など、私たちの体に必要な栄養素が多くふくまれています。
 昔は値段が高かったので、病気のときにしか食べることができないほど、きちょうな食品でした。
 今では、みなさんの身近な食品になり、給食でも親子丼の具や卵そぼろなどの料理で食べています。

令和3年5月13日(木

はいがパン チリコンカーン
わかめサラダ 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「チリコンカーン」

 チリコンカーンは、肉、たまねぎ、トマト、豆などをにこんだ料理です。チリパウダーという赤い色をした香辛料が入るので、独特の風味と辛味があります。
 チリコンカーンは、アメリカ南部のテキサス州から広まった、アメリカの代表的な料理です。アメリカでは「チリ」または「チリ・ビーンズ」と呼ばれています。

令和3年5月12日(水

麦ごはん ふりかけ 肉じゃが
からしじょうゆあえ 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「食事中の正しい姿勢」

 みなさんは、食事のとき正しい姿勢で食べていますか。
 正しい姿勢で食事をすることは、マナーのひとつで、食べ物の消化をよくするためにも大切です。
 背中をぴんとのばして、机とおなかの間はこぶし一つ分あけます。足のうらをゆかにピタッとつけて、よい姿勢で食べましょう。

令和3年5月11日(火

麦ごはん 肉そぼろ
卵そぼろ さつき汁 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「さつき汁」

 5月は昔の言い方で「さつき」といいます。そのことから、5月が旬の食べ物を使ったみそ汁のことを「さつき汁」とよびます。
 旬とは、食べ物が一年のうちでもっともおいしく、たくさんとれる時期のことをいいます。
 きょうのさつき汁には、旬の「さやえんどう」や「わかめ」を使っています。

令和3年5月10日(月

ごはん かつおのごまみそあえ
磯香あえ 沢煮椀 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「初がつお」

 かつおは広い海を群れで移動する魚です。日本の近くの海を、初夏と秋に通るので、旬が2回あります。
 初夏に日本の南から北の海へ向かって泳ぐかつおを「初がつお」といいます。あぶらが少なくさっぱりとした味です。
 きょうは、かつおを油で揚げて、凍り豆腐といっしょにごまみそだれであえました。

令和3年5月7日(金

ごはん 鶏肉の甘辛煮

五目ずしの具 すまし汁 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「こどもの日を祝う献立」

 5月5日は「こどもの日」です。子どもの幸せと成長を願う日で、「端午の節句」とも言われています。

 こいのぼりやかぶとを飾ったり、かしわもちやちまきを食べたりする習慣があります。

 五目ずしは、昔からお祝いなどの行事がある日に食べられてきました。ごはんと具を混ぜながら食べましょう。

令和3年5月6日(木

チーズパン スパゲティトマトソース

コーンサラダ 牛乳

 

〈写真担当:牛まん〉

ぱくぱくだより「春キャベツ」

 キャベツは、一年中育てることができる野菜です。今の時期にとれるものを「春キャベツ」と言います。

 春キャベツは、葉が柔らかく、サラダや和え物によく使われます。キャベツは、体の調子を整える緑の食べ物の仲間です。

 今日は、春キャベツの柔らかさと甘味を活かして、コーンサラダにしました。