9月9日(水)に横浜・F・マリノスのコーチ2名が来校し、サッカー指導と食育のお話をしてくださいました。今年度は、コロナの状況下をふまえ、2年生が1人1つのボールを使ってドリブル遊びや、ボールの扱い方を教わりました。また、食育に関するお話では、健康な体をつくるために必要なことを、子どもたちに分かりやすく伝えていただきました。

 子どもたちの振り返りでは、「コーチとサッカーができて楽しかった」「ちょこちょこドリブルが面白かった」「朝ごはんをしっかり食べたいです」など、達成感のある感想が多かったです。今回学んだことを、今後の生活に生かしていきたいと思います。