6年生は家庭科で「共に生きる地域での生活」で、家族だけでなくいろいろな人と関わった経験を振り返り、地域でどのように関わっていくかを考えます。

今日は東永谷地域ケアプラザのかたから高齢者との関わり方についてお話を聞きました。まちの中の一人として、支え合ったり助け合ったりして共に生きることが大切であることを学びました。