学区の荻久保公園は、夏になるとホタルが光を見せてくれます。

公園には小さな流れがあり、ホタルの幼虫のエサになるカワニナもすんでいます。

地域の方が大切に守っていらっしゃいます。

2年生は毎年、ホタルの幼虫を分けていただき、大きく育てて公園の川に返しています。

今年も幼虫の飼育が始まりました。カワニナは手に入りにくいので、学校ではシジミを使って育てています。

水替えやえさやり、観察記録などをがんばっています。