2年生の国語では、この一年間に心が動いたできごとを詩に表しています。一つの言葉から思いつく言葉をつなげていって、クモの巣のように広げていきます。その中から、伝えたいことを引き出して詩を書きます。