5年生は、地域の方に教えていただき、稲のわらで正月飾りをつくりました。水の入ったペットボトルでたたいて柔らかくしたわらを、縄にしていきます。二人一組の作業です。できた縄を丸く固定し、紙垂(しで)、稲穂、松、松ぼっくりなどを飾りつけました。子供たちは、すぐにでも玄関先に飾りたい気分のようでした。稲わらを土づくりのためにすき込んだり、縄をなったり、正月飾りをつくったりと、資源を無駄にしない昔の人の知恵に、感心させられるばかりです。お手伝いくださいました学校・地域コーディネーターの方、保護者の皆様、ありがとうございました。