5年生の算数では、多角形の内角の和を求めました。五角形、六角形を「三角形の内角の和が180°である」ことをもとに考えました。ノートに図形をかくときや直線をひくときは、定規をしっかりと使っています。