分散登校による家庭学習での活用のために、タブレット端末を持ち帰っています。学校での授業においても、タブレット端末を活用しています。ICT支援員が授業に入ってタブレットの操作の仕方の確認をしたり、お互いのノートを共有して発表し合ったりするなど、子供たちの発達段階に応じた取り組みを進めています。