1年生の算数では、身の回りのものの長さ比べをしています。直接比べるのではなく、紙テープで長さを写しとって比べました。具体物の操作を通し、体や感覚を使って「長さ」が実感できるようにしています。