6年生の跳び箱運動では、技や達成度に応じた場を設定して、開脚跳び、かかえ込み跳び、台上前転、頭はね跳びの技に取り組んでいます。同じ場の子供たちどうしで、技を見合ったり、場の安全の確認をしたりして学習を進めています。担任は、それぞれの場を回りながら、安全面についての指導と技のポイントについて助言しています。