6年生の社会科「憲法とわたしたちの暮らし」の学習の一環として、港北区役所の方の協力により、実際の選挙で使用される機材を使って、模擬選挙を行いました。「模擬」ではありましたが、運動会応援団長をこの選挙で決めました。8人の候補者が演説を行い、受付を通ってから投票箱に投票用紙を入れるまで、本物に近い形で進められました。この体験を通し「選挙権」について考えてほしいと思います。