学校教育とアートをつなぐ「横浜市芸術文化教育プラットフォーム・学校プログラム」は、プロのアーティストが直接学校に出向いて、子どもたちが実際に文化芸術の体験をするサポートを行います。4年生は「箏」の体験授業を実施しました。「箏」の音色のよさを味わい、日本の伝統音楽への興味、関心を深める機会となりました。