2年生の算数では、頂点、辺、面などの図形を構成する要素に着目し、箱の形の特徴を見い出していく学習をしています。箱の面を写し取り、それらをつなぎ合わせた形をつくったり、ストローと粘土玉を使って骨格模型つくったりなど、実際の操作活動を通して、箱の形の特徴について考えました。