全校児童が一同に集い「お別れ式」を行いました。在校生を代表して、5年生が贈る言葉を述べました。「6年生から受け取ったバトンは、最後まで落とさずつなげます。」頼もしい言葉でした。6年生の代表からはお別れの言葉。今年度はいろいろと制限されたことが多かった中、できることに精一杯取り組んで、第二小での思い出をたくさんつくることができたことに対する感謝の気持ちを伝えました。

 いよいよ明日、6年生は新吉田第二小学校を巣立っていきます。