3年生の理科の授業では、「どんなものが、電気を通すのだろうか。」の問題に取り組みました。子供たちが調べたいもので実験を行いました。予想通りだったり、予想とは違う実験結果になったり、子供たちは主体的に次々に実験に取り組みました。