4年生の国語の説明文の学習では、「世界にほこる和紙」の教材文を扱います。伝統工芸の一つである和紙について書かれた文章から、筆者がどのように考えているか読み取ります。そこで、和紙とはどのようなものなのかを実感するために、牛乳パックから和紙をつくることにチャレンジしています。まずは、牛乳パックを材料になる部分とビニル部分に分けることから始めました。