「手を洗ってから図書館に行こう。」そんなかけ声をしながら、図書館に向かう子供たちの姿がありました。手洗いの習慣が身についている様子が伝わってきます。学級ごとに利用日や利用時間を分けて、図書館の利用人数の調整をしています。カウンターで本を借りるときも、友達との間隔をあけて並んでいます。本が身近にふれることができる環境であり続けていくことを考えています。