「7月の歌」から音楽の授業が始まりました。マスクをしての歌ですが、やわらかく響く歌声です。体でリズムを刻んだり、指揮をしているかのように腕を動かしたり、体全体で音を楽しんでいるようです。

 そして、4年生初めてとなるリコーダーの演奏に取り組みました。演奏する場面では、マスクを外し話はしないこと、奇数と偶数に分かれて隣同士が一緒に演奏することがないようにすることなど、まずルールの確認をしました。指づかいに気をつけながら、リコーダー奏を楽しみました。