4年生は、算数「大きい数のしくみ」の単元で、千兆の位まで学習をしています。次に、3桁×3桁に取り組みます。桁数は、これまでよりは多くなっていますが、九九を正しく言えること、これまでのかけ算の筆算の仕方をしっかりと理解していること、これらのことが身に付いていれば、基本の筆算の仕方は同じです。子供たちは、集中して3桁同士の筆算に取り組んでいました。