図工の授業で、ねん土の塊を丸めたり、ひねり出したりしながら、今にも動き出しそうな作品をつくりました。みんな夢中になって取り組み、お互いの作品のよさを伝えあっていました。