水道局の方に篠原小学校に来ていただき、水道水ができる仕組みや

水源保全、環境保護の大切さ、安心して水道水が飲めることなどを詳しく教えていただきました。

ろ過実験では、濁った水がだんだんきれいになっていき、子供たちはとても驚いていました。