5年 米づくり

 

いよいよ篠原小の田んぼで米作りをすることになった五年生。

大まかに一年間の米作りの流れを学習し、田植えまでに、土づ

くりがとても大事なことを学びました。初めに田おこしで、昨

年度の稲の根っこを掘り起し、根がよく伸びるように土がさら

さらするくらいやわらかくしました。次に代掻きで、土に水を

はわせ、土の表面を平らにし、田植えがしやすいようにしまし

た。そして、田植えの先生、富士塚在住の峰岸栄一さんをお招

きして、田植えのこと・米作りがまだ行われていたころのこと

などをお聞きして、一緒に田植えを見守っていただきました。

どの作業もみんな泥んこになりながらも真剣でした。

種もみから発芽させ、ペットボトルで育てているお米と、篠原

小の田んぼのお米をこれから大事に育て、秋の収穫を楽しみに

しています。米作りの学習もがんばるぞ!