10月にしては暑い日でした。天気が良い中、3年生が理科の学習をしていました。

一つ目は、おなじみの、虫眼鏡で光を集めて、黒い紙に穴をあける実験です。上手に焦点をあわせて、煙が出始めると、子どもたちの歓声があちらこちらに。

 

 

二つ目の実験は、鏡で光を集めて温度を上げる実験です。

壁に貼られた段ボールには温度計が取り付けられ、子どもたちが鏡で光を集めて、温度を上げていきます。

この日は短い時間で、48度まで温度計の目盛りをあげることができました。

太陽の恵みに感謝するには少し暑い日でしたが、子どもたちにとっては、自然を上手に利用する方法を体験的に学ぶ場となりました。