6年生 理科の授業です。

どのようにしたら少しの力で重いものを持ち上げることができるかを、子どもがそれぞれ自分の手ごたえを感じながら、てこの実験をしました。支点を固定して、力点、作用点を変化させて実験しました。

  

実験の後は、実験の前にたてた予想と比べながら、それぞれが感じた手ごたえにもとづいて、結果をまとめました。グループで話をしながら、確かめていきます。

  

 考察は、今日のキーワード、支点・力点・作用点・力を使い、それぞれ自分の言葉や言い回しでノートに書きました。最後に、先生と一緒にまとめをしました。

日常の授業風景ですが、子どもが自分の感覚と言葉を大事にしながら、対象と向き合う時間でした。