9月7日(木)の給食

 ごはん ゴーヤチャンプル クーブイリチー 牛乳

今日の給食は、沖縄の代表料理の「クーブイリチー」と「ゴーヤチャンプル」です。

 

クーブイリチーの「クーブ」は昆布、「イリチー」は炒め煮という意味だそうです。糸昆布と角切りの豚肉を煮込みました。煮込んだ昆布の粘り気と甘辛い味が、とてもおいしい料理です。

 

 

 

 

ゴーヤチャンプルは、給食では年1回しか登場しないメニューです。名前の通り、ゴーヤ(にがうり)が入った沖縄の料理です。「チャンプル」とは、混ぜる、炒めるという意味だそうです。

今日は宮崎県でとれたゴーヤを四分の一に切り、中の種とワタをとり、薄切りにして塩でもんでからゆがきました。苦みが少し取れて、おいしく食べられました。