4年生の社会科の「神奈川県箱根町のまちづくり」の学習を、
「箱根ジオパーク推進室」と連携して行ってきました。
「ジオパーク」とは、日本語にすると「大地の公園」という意味で、
地質や火山などの視点から、新たな発見や学びのある観光をめざす箱根町の取り組みです。
4年生児童はこの学習を通して、箱根町の火山のめぐみや危険などを学び、
箱根ジオパークの目指すまちづくりを考えてきました。

その4年生の学習が「箱根ジオパークのホームページ」に掲載されました。


www.hakone-geopark.jp/information/newskihon-20200121.html