3月11日の木曜日。東日本大震災から10年。節目のこの日、5時間目の終わりに黙とうをしました。

 

 全校で行うため14時46分よりも少し前に行いました。校長先生の東日本大震災の話のあとに行われました。

 10年前、10年後。変わらないもの、変わったもの。あのときのこと、あの頃のを忘れずに、祈りを込めて、次の未来へつなげるために。できることから少しずつ。