毎週火曜日の朝の時間は読書・読み聞かせの時間なのですが、12月1日は年に一度のお楽しみ、シークレット読み聞かせを行いました。

 読書月間の取り組みの一つとして行われたシークレット読み聞かせ。担任の先生とは違う先生が教室に来ることを、子どもたちはわくわくどきどきして待っていました。先生が分かったら、どのクラスも真剣に読み聞かせを聞いていました。読んでもらった本にも興味をもち、今後も読書の幅を広げてください。