11月26日の火曜日の朝の時間の読書タイムは図書委員会の企画、「シークレット読み聞かせ」でした。

 事前に教職員でくじ引きをし、すでに誰がどのクラスで読み聞かせをするのを知っていました。子どもたちには当日までの秘密。副校長の放送を合図とともに、読み聞かせの担当のクラスに行き、それぞれ準備した本などを使って読み聞かせを行いました。いつもと違う雰囲気の中で行われた読み聞かせ、子どもたちにとって心に残る時間になったと思います。このような対応もチーム笹野台の職員だからこそできる活動です。