8月26日は夏休み明けの前日。教職員は元気に出勤し、午前中は研修や学年会議を行い、午後は指導案の検討をしました。

 最初に福島に研修に行った2人主幹教諭(主幹教諭とは校長先生と副校長先生のサポートをしながら、学校全体の先生方をまとめたり、指導したりする役の先生なのです)から、現状や研修から学んだことを話してくださいました。

 そのあと児童支援専任(中学校の生徒指導専任の小学校バージョンです)から、「いじめ」についての研修がありました。それぞれが考えを出し合って、子どもに寄り添って考えることができるためにたくさんの考えが出ました。

 実り多い研修の後、学年会議を行い、昼食後に研究授業の指導案検討(研究授業をする先生が、指導する案をもとに、みんなでアドバイスしたり、進め方を考えたりすることです)をしました。前日ですが、先生方は頭をフル回転して、子どもたちが笑顔で登校できるように準備しています。

 地域の皆様、保護者の皆様、夏休みの間、子どもたちが健康と安全に気を付けて過ごせるようにしていただきありがとうございました。