7月20日から始まった夏休み、子どもたちは8月26日までお休みですが、教職員はまだまだ夏休みではありません。

 7月31日までは、誰かしらが学校で仕事をしたり、普段できない研修をするために出張に行ったりします。7月24日の水曜日は教職員で週末に行なわれる水泳大会の準備や、校庭のコースロープの整備、体育館の合唱する際のひな壇の整備を午後にしました。

 それぞれ役割を考えて仕事をして手際よく終えることができました。上の写真でぼやかしてありますが、整備している教職員がいれば、出張に行って研修したり、行事の事前打ち合わせをしたりする教職員もいます。

 「夏休みは先生も夏休み!」と、思われている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。子どもたちがいない間でできることをしています。