9月4日の月曜日から笹野台小学校では実習生を受け入れています。

 

  実習生というと、教育実習生と思う方が多いですが、実は給食の方の実習生です。正式にお伝えすると「給食経営管理理論臨地実習」と言います。本校には栄養職員が在籍しているのでその職員の指導の下、9月15日の金曜日までの2週間、実習を行います。実習内容としては給食関係全般、また、低学年の食育の授業もしてもらいます。上の写真は給食中に実習生が低学年の教室で食育の授業をしている様子です。指導栄養職員が見守る中、元気に授業を行ったようです。

 すでに1週間が過ぎました。残りの1週間でさらにたくさんのことを学んでほしいと思います。