まもなく平成28年度が終わります。教職員は今年度のまとめの仕事をしています。それと同時に新年度に向けての準備を着々と進めています。今回はその一つを紹介します。

 

 老朽化して少しずつ切れてしまっているコースロープをはがし、新しく直線が分かるようにコースロープを張る作業を始めています。短縮時程の午後の時間や春休みを使って教職員が協力し合い、作業をしていますので、新年度はきれいなコースロープになる予定です。

 張ったロープが長持ちするように、上手な校庭の使い方を授業や休日の学校開放で考えると良いですね。