横浜市立学校では、各学校で「メンター」という名前でチームを作り、若手教員の養成を行っています。メンターとは、経験の浅い教員同士で一緒に悩んだり課題に向き合ったりすることで、自分たちが知りたいこと、学びたいことを気軽に聞き合ったり、教え合ったりすることでお互いに教員としての成長を図る形態のことです。校内では「メンターチーム」と呼んでいます。

 メンターチームの活動には、校長や副校長、指導主事、ベテラン教員などが参加してアドバイスを行うこともあります。10月27日の木曜日の5時間目、若手教員が1年生と2年生の教室に集まって授業研究会が行われました。1年生は算数のひき算、2年生は「お手紙」の授業でした。

 2つの授業終了後に研究会を行いました。今回は西部学校教育事務所の指導主事を2人迎え、授業の感想や反省、若手教員の悩みや思いを活発に意見交流することができました。

  

今回の研究会を通してさらに授業力をつけていきます。地域の皆様の応援、よろしくお願いいたします。