10月7日金曜日に、前期の終業式がありました。はじめに校長先生から、「努力・協力・思いやりの気持ちを、これからも育ててほしい。」という話を聞きました。

 その後、1・3・5年生の代表の児童が、前期の振り返りを発表しました。友達の話にしっかりと耳を傾け、真剣なまざさしで話を聞くことができました。

 最後に、全員で「校歌」を歌いました。大きな声で、心を一つにして歌うことができました。

代表児童の話 代表委員の話

代表児童の話 全員で歌いました。

一人ひとりが、自分の頑張りを振り返ることができた1日になりました。

 

 保護者の皆様・地域の皆様に支えられながら、無事前期を終えることができました。改めて感謝いたします。引き続き、家庭・地域と手を取り合い、子供たちを育てていきたいと考えています。

 職員一同、精一杯努力していきます。ご支援ご協力をお願いいたします。