5年 コーチング 「質問」

1つの質問に対して、人によって答えが違うことがある。

どれも正解だけど、人によって違った答えを否定するのではなく、よりよい答えにかえていくことが大事。

これからの情報化社会では、正解を出すことは、それほど価値を持たなくなっている。

課題があって、考えて答えを出す。そして、行動する。そして、失敗する。さらに、考えて、行動するという繰り返しをすることが大事。失敗して立ち止まらない。うまくいっても終わりにしない。「質問」のコーチングスキルを通じて、多様性、ダイバーシティに対応する力について学びました。