給食で「そら豆」が登場しました。1年生が剥いて調理員さんがゆでています。そら豆そのものの素材を生かした調理でした。はじめは豆類が好きではなく量を減らした子も食べてみるとおいしく感じて、おかわりしている子もいました。1年生の教室を回ると「おいしかった。」「もう食べちゃった。」などと笑顔で話をしてくれました。自分で「さや」を剥いたのでさらにおいしく感じたかもしれません。

【パクパクだより】

そらまめは、漢字で書くと「空豆」と書きます。空に向かって実がつくことから、このような名前がつきました。味わって食べましょう。