令和2年度 要保存

 横浜市立新治小学校 

 

 

緊急時・非常時の登下校について

 

 

 

 本校では、地震、台風、大雪等または非常事態発生により通常の登下校を行うことが危険であると判断した場合、児童の登下校を次のように行います。

 

 これは、児童の安全を第一に配慮した措置ですので、趣旨をご理解いただき、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

(1)   特別警報・暴風警報・大雪警報・暴風雪警報が発令された場合

     午前6時の段階で、横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に特別警報・暴風警報・大雪警報・暴風雪警報が発令継続中の場合は、学校は臨時休業になります。メール配信・電話での連絡は行いません。各ご家庭で気象情報を把握して下さい。※キッズも閉所となります。

 

     児童が登校後、特別警報・暴風警報・大雪警報・暴風雪警報が発令された場合は、状況に応じて引き取り下校等適切な措置をとります。確認のため、メール配信をいたします。

(2)大雨警報・洪水警報が発令された場合

    午前6の段階で、横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に大雨警報・洪水警報が発令継続中の場合は、学校の判断により臨時休業とすることがあります。臨時休業の場合は、ご家庭にメール配信を使い緊急連絡をいたします原則は通常授業です

 

    児童が登校後、大雨警報・洪水警報が発令された場合は、状況に応じて引き取り下校等適切な措置をとることがあります引き取り下校の場合は、ご家庭にメール配信を使い緊急連絡をいたします原則は通常授業です

(3)大きな地震があった場合震度5強以上の地震が市内で起こった場合)

原則として、学校からの連絡(メール配信等)の有無に関わらず、児童は学校に留め置きとなります。保護者かあらかじめ登録された代理人の方が引き取りに来られてはじめて児童は下校します。

(4)東海地震注意情報」・「東海地震予知情報」「警戒宣言」発令時

     在校中は原則として、学校からメール配信を行います。メールがつながらない場合もありますので、ご承知おきください。児童は学校に留め置きとなります。「(3)大きな地震があった場合」と同様に引き取りに来られてはじめて児童は下校します。

     通学中又は在宅中に発令された場合は、休校となります。なお登下校時にあっては、安全に帰宅させるための措置を講じます。

(5) 非常事態が発生した場合

何らかの非常事態が発生し、通常の下校方法では安全が確保できないと学校が判断した場合には、児童を引き取り下校させることがあります引き取り下校の場合は、ご家庭にメール配信で緊急連絡をします

 

 

※平成22年度からメール配信全員登録制になり、電話による一部連絡はありませんのでご注意ください。

 

 

 

 

引き取り下校の方法・手順

 

 

 

 

緊急下校・非常時下校の事由が発生する。

学校が緊急下校・非常時下校実施の判断をする。 

 
   

 

 

 

 

 

メール配信により、各家庭に緊急連絡を流す。

 

 

 

 

 

児童は、各学級で待機。

 

 

 ⇩

 

 

保護者(代理人)は、学級担任に「引き取りカード」を渡し、児童を引き取る。

 

 

 

○警報の発令が予想される日には、テレビやラジオ、PC等で正確な情報を得て、引き取り下校に対処できるようご協力ください。

 

 

○お子さんには、代理をどなたに依頼しているかを必ず教えておいてください。

 

 

お子さんを引き取られる際、「引き取りカード」を確認させていただき、その場でお返し致します。「引き取りカード」はご家庭と代理の方で保管をお願いします。

 

 

〇原則として、引き取りカードが無い場合、お子さんの引き渡しはできません。

 

 

お車での来校はご遠慮ください。(緊急車両進入路確保のため)