地域、保護者の皆様に見守られ、がんばる登校班の班長たち  

 

 皆様、こんにちは。

 名瀬小学校では、雨の日も風の日も、学援隊の皆様が登校の見守りをしてくださっています。また、校外委員はじめ、各地区の保護者の皆様が、登下校の見守りに参加してくださっています。地域、保護者の見守りのおかげで、子どもたちの登下校の安全が守られているのだと、赴任して2か月経った今、つくづく思います。ありがとうございます。

 2週間ほど前になりますが、5月30日、中休みに、体育館で、登校班の班長会議が行われました。各地区の担当の教員と班長が、共に2か月を振り返り、危険箇所や登校の様子を確認しました。班の状況の確認の後、各班長はこれから班長として心がけることについてもしっかり話していました。班長としての自覚をもってがんばっている班長の姿に胸を打たれました。

 担当の教員側では、班長が困っていることについても確認しました。班長から確認した指導すべきことについては、今後、全校児童に指導をしていきます。

 これからも、ご協力のほど、よろしくお願いします。